フロント・ページでも紹介したように、2007年よりの大きな試みとして、休耕田を利用した棚田作りを行っています。
まこも、クレソンなどを植えたり、蓮も植えてみました。
(この棚田で、稲文字も作りました。)

このページでは、棚田の風景を記載します。

この棚田に流れている自然の堀には、メダカが泳ぐようになり、少しずつ生態系も戻りつつあります。
私たちの農園で小動物が撮影できるまで、見つけることができます。
その小動物は、ここをクリックしてください。

クレソン
クレソンをまいている風景です。
休耕田に水を張り、棚田にしました。

「クレソンってなに?」の方も多いと思います。
辞書によると、アブラナ科の多年草で、料理の付け合せにしたり、裏ごししてスープなどにも利用できるそうです。
俗にいう、高菜です。

撮影日
2007年4月20日
クレソンをまいてしばらくしてからの風景です。
この段階では、本当に「田の草」としか感じません。

撮影日
2007年5月28日
棚田に流れている昔ながらの自然の堀と成長したクレソンの風景です。
クレソンもここまで成長しました。
写真に写っているこの堀には、生態系が戻りつつあります。

また、棚田の水の流し方について、このクレソンが上流にあり、このクレソンを通ってまこものほうに流れています。
このような水の流し方は、除草効果もあるそうです。

撮影日
2007年7月22日
 
まこも
植えたばかりのまこもです。
2007年5月下旬に撮影しました。
この時点では、「草」としか思えません。
2007年7月下旬の写真です。
このように大きく成長しました。
本当に大きくなってビックリです。
稲文字
稲文字と絵を作りました。
「メダカの田」という文字です。
「メ」の下の「絵」が、メダカで、右側の下の「絵」がトンボです。
作っているときは、面白かったです。
 
蓮の花もこのように、みごとに咲きました。
 

このページの最後
フロント・ページに戻る
栃木県の大田原の棚田